身長の伸びに影響する不足しやすい食べ物

身長の伸びに影響する不足しやすい食べ物

 

身長を伸ばすには、筋肉や骨を生成するための
タンパク質やカルシウム、ビタミン、ミネラルが必要不可欠です。

 

 

成長期にこれらが不足する場合は、ほとんどが食べ方にクセがあったり、
偏食が強い場合です。

 

スポンサーリンク

 

成長期に必要な栄養素が取れていない可能性がある食べ方を、
紹介してきたいと思いますので、各自でチェックしてみてください。
そして当てはまる項目が多い場合はすぐに食生活を改善しましょう。

 

 

タンパク質が不足しやすい食事

 

 

菓子パンを食事の代わりにすることが多い

 

 

麺類中心の食事が多い

 

 

運動や練習の前後はおにぎりだけということが多い

 

 

お腹が空いたらジュースやお菓子で空腹を満たすことが多い

 

 

カルシウムが不足しやすい食事

 

 

フルーツや酸っぱいものをあまりかべることがない

 

 

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品が嫌い

 

 

肉が中心で魚をあまり食べない

 

 

汗をよくかく

 

 

ビタミン類が不足しやすい食事

 

 

野菜料理が嫌い

 

 

朝食に野菜を食べない

 

 

いつも食べるものが決まっていて食べる食品数が少ない

 

 

ミネラルが不足しやすい食事

 

 

コンビニなどで食事を買うことが多い

 

 

できあいもののお惣菜をよく利用する

 

 

冷凍食品やインスタント食品をよく食べる

 

 

外食が多い

 

 

このように偏った食事は工夫をすれば改善することが出来ます。
コンビニ弁当やできあいものの惣菜を食べるときには、
たとえ1品でも手作りの料理をプラスしましょう。

 

スポンサーリンク

 

具沢山のみそ汁や野菜スープ、ミネストローネなどがおすすめです。

 

 

朝食に食欲がなく菓子パンを食べるのが精一杯の時は、
サンドイッチやホットドッグ、ピザトーストに変えてみましょう。

 

 

これらが無理ならコーンフレークやフルーツグラノーラに
牛乳やヨーグルトをかけて食べるのもいいでしょう。

 

 

牛乳が嫌いで飲みたがらない時には、ホワイトソースを作ってグ
ラタンやラザニアにしたり、シチューやカレーに混ぜるといった方法もあります。

 

 

チーズやヨーグルトで補うのもいいですし、
最近ではマスカルポーネなどのデザートに近いチーズもあります。

 

 

ヨーグルトを食べる場合はできれば無糖がいいのですが、
太りすぎでない場合なら加糖されたものでもいいでしょう。

 

関連ページ

小学生の身長を伸ばすための食事で大切なことは
身長を伸ばすために必要なホルモンバランスを整え、必要な栄養がまんべんなくとれる食事の組み合わせとは?
小学生はタンパク質とカルシウムだけで身長が伸びるの?
小学生の身長を伸ばすには、これだけを食べればいいというわけではありません。理想はバランスよく色々な食べ物を食べることです。
小学生の身長を伸ばしたいけど少食の子供に食べさせるコツ
小学生の身長を伸ばしたいが子供が少食で困っている親御さんも多いようです
野菜嫌いな小学生は身長は伸びない?
野菜を食べないと身長の伸びに影響をあたえます。特に朝食での野菜の摂取は重要です。
小学生は牛乳をたくさん飲めば身長が伸びるの?
身長を伸ばすために牛乳ばかりを飲んでも骨は作られません。牛乳以外にもその他の食べ物をしっかり食べ、エネルギーや栄養をしっかりととりましょう。
肉を食べれば身長は伸びる?
小学生の身長を伸ばすには、肉を食べることは大切ですが、肉ばかり食べていても身長は伸びません。
小学生が身長を伸ばすには亜鉛も必要
小学生の身長を伸ばすには、亜鉛も必要な成分です。
小学生の身長を伸ばすためには白ご飯をいっぱい食べる方がいいの?
小学生が身長を伸ばそうと思ったら白ご飯をたくさん食べることは非常に良いことです。さらにビタミンB1を一緒に取ると効果的です
身長を伸ばすための朝、夕の食事のとり方
小学生の身長を伸ばすには、朝食は栄養のバランスをしっかりと、夜は消化のいいものを食べて良質の睡眠をとりましょう
和食を食べていても身長は伸びるの?
和食は実は栄養のバランスが良く、成長期の子供には最高の食事だといえます。