小学生の身長を伸ばすためには白ご飯をいっぱい食べる方がいいの?

小学生の身長を伸ばすためには白ご飯をいっぱい食べる方がいいの?

 

白ご飯をいっぱい食べることは、身長を伸ばすことだけでなく
丈夫な体を作る上でもとてもいいことです。

 

 

パワーがあり、体も大きくスタミナもあるようなスポーツ選手は、
小さい頃から白ご飯をいっぱい食べていたようです。

 

スポンサーリンク

 

ですから身長を伸ばしたいのであれば、おやつにお菓子などを
食べるよりもおにぎりなどを食べるようにしたいものです。

 

 

白ご飯を食べる時に注意したいのが、必ず一緒にビタミンB1をとること。
米が体内でエネルギーに変化する時にはビタミンB1が必要になります。
多くの米を食べればそれだけ多くのビタミンB1が必要となるのです。

 

 

このビタミンB1が不足するとエネルギーへの変換がうまくいかず
スタミナが低下してしまうという逆の効果になってしまうのです。
以下に白ご飯を食べる時におすすめする食材を紹介しますので参考にしてください。

 

 

ビタミンB1を多く含むお米の胚芽米

 

 

胚芽米とは米の胚芽が残っている米のことで、
この胚芽の部分にはビタミンB1や鉄分などが豊富に含まれています。
ですから多くの米を食べる場合は胚芽米にすることをおすすめします。
多くのアスリートやプロの選手はこの胚芽米を食べています。
スーパなどで販売されているので探してみてください。

 

 

胚芽の部分に色がついているので、炊きあがりには少し色がつきますが、
これが気になる場合は白米と胚芽米を半々にしてみたり、雑穀などを混ぜてもいいでしょう。

 

 

炊きあがりから時間が経過してくると、色が濃くなったりニオイが気になることがありますので、
食べる分だけ炊いたり残った場合は冷凍したりしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ビタミンB1を多く含む食材

 

 

納豆 定番のご飯のお供です。
たらこ こちらも定番です。
ハム、ソーセージ こちらもよく使う食材です。
豚肉 色々な料理のレパートリーがあり使いやすいです。

 

 

このようにビタミンB1は特別取りにくいものではありません。
朝食にご飯、味噌汁、納豆、ハムエッグ、サラダといった感じにすればベストなメニューになり、
食後に牛乳を飲めば理想的なものになります。

 

関連ページ

小学生の身長を伸ばすための食事で大切なことは
身長を伸ばすために必要なホルモンバランスを整え、必要な栄養がまんべんなくとれる食事の組み合わせとは?
小学生はタンパク質とカルシウムだけで身長が伸びるの?
小学生の身長を伸ばすには、これだけを食べればいいというわけではありません。理想はバランスよく色々な食べ物を食べることです。
小学生の身長を伸ばしたいけど少食の子供に食べさせるコツ
小学生の身長を伸ばしたいが子供が少食で困っている親御さんも多いようです
野菜嫌いな小学生は身長は伸びない?
野菜を食べないと身長の伸びに影響をあたえます。特に朝食での野菜の摂取は重要です。
小学生は牛乳をたくさん飲めば身長が伸びるの?
身長を伸ばすために牛乳ばかりを飲んでも骨は作られません。牛乳以外にもその他の食べ物をしっかり食べ、エネルギーや栄養をしっかりととりましょう。
肉を食べれば身長は伸びる?
小学生の身長を伸ばすには、肉を食べることは大切ですが、肉ばかり食べていても身長は伸びません。
小学生が身長を伸ばすには亜鉛も必要
小学生の身長を伸ばすには、亜鉛も必要な成分です。
身長の伸びに影響する不足しやすい食べ物
小学生の身長を伸ばすには、必要な栄養素が不足しがちになる食べ方に気をつけましょう。
身長を伸ばすための朝、夕の食事のとり方
小学生の身長を伸ばすには、朝食は栄養のバランスをしっかりと、夜は消化のいいものを食べて良質の睡眠をとりましょう
和食を食べていても身長は伸びるの?
和食は実は栄養のバランスが良く、成長期の子供には最高の食事だといえます。