小学生の身長を伸ばしたいけど少食の子供に食べさせるコツ

小学生の身長を伸ばしたいけど少食の子供に食べさせるコツ

 

身長を伸ばしたいのに、子供が少食で困っている親御さんは多いようです。

 

 

子供の体が小さいうちは、当然内部にある内臓も小さいので
多くの量を食べることは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

これを無視して無理矢理に食べさせると、嘔吐したり、
食べること自体が嫌になってしまうこともあるので注意が必要です。
少食の子供で一番心配な事は、運動量が多いのに食事の量が少なく、
その結果栄養不足になってしまうことです。

 

 

運動をすることが大好きで毎日一所懸命練習をしているのに、
あまり食事を食べないとったパターンは要注意です。

 

 

このようなパターンは身長が伸び悩んでしまったり、
骨折やケガ貧血の原因になることも多くあります。

 

 

小食になる原因としては

 

 

炭酸飲料や甘いジュースをよく飲む

 

 

いつもお菓子があり、好きな時に食べることができる

 

 

テレビをみたり、スマホや漫画を見て食事に集中していない

 

 

スポーツなどの練習で疲れすぎて食べられない

 

 

十分な睡眠が取れていないので食事の途中で寝てしまう

 

 

帰宅の途中で揚げ物や甘いものをたべている

 

 

これらが最も多い少食の原因です。

 

 

少食の対策としては

 

 

食事の時に出す飲み物は水またはお茶にする

 

スポンサーリンク

 

食事の前に甘い飲み物やスポーツドリンクは飲まない

 

 

練習の後、帰宅後すぐに食事をとれずに待つ場合の補食は我慢するか、食べてもおにぎりなどにする

 

 

夕食前のおやつは控える、おやつは時間を決めて食べる

 

 

睡眠が足りていない時は、早寝早起きを心がける

 

 

これらが効果的です。

 

 

また、まだ体が小さくて少食の場合は、おやつも食事の延長と
みなし食事に近いものを食べるようにします。

 

 

例えばサンドイッチやお好み焼き、焼きそば、肉まん、グラノーラやシリアルなど。
エネルギー不足を解消するにはおやつにお餅や果物、
パン類などを常備し食べるようにしましょう。

 

こうやっていくと体が成長していくとともに食事の量もだんだん増えてくるようになります。

 

関連ページ

小学生の身長を伸ばすための食事で大切なことは
身長を伸ばすために必要なホルモンバランスを整え、必要な栄養がまんべんなくとれる食事の組み合わせとは?
小学生はタンパク質とカルシウムだけで身長が伸びるの?
小学生の身長を伸ばすには、これだけを食べればいいというわけではありません。理想はバランスよく色々な食べ物を食べることです。
野菜嫌いな小学生は身長は伸びない?
野菜を食べないと身長の伸びに影響をあたえます。特に朝食での野菜の摂取は重要です。
小学生は牛乳をたくさん飲めば身長が伸びるの?
身長を伸ばすために牛乳ばかりを飲んでも骨は作られません。牛乳以外にもその他の食べ物をしっかり食べ、エネルギーや栄養をしっかりととりましょう。
肉を食べれば身長は伸びる?
小学生の身長を伸ばすには、肉を食べることは大切ですが、肉ばかり食べていても身長は伸びません。
小学生が身長を伸ばすには亜鉛も必要
小学生の身長を伸ばすには、亜鉛も必要な成分です。
小学生の身長を伸ばすためには白ご飯をいっぱい食べる方がいいの?
小学生が身長を伸ばそうと思ったら白ご飯をたくさん食べることは非常に良いことです。さらにビタミンB1を一緒に取ると効果的です
身長の伸びに影響する不足しやすい食べ物
小学生の身長を伸ばすには、必要な栄養素が不足しがちになる食べ方に気をつけましょう。
身長を伸ばすための朝、夕の食事のとり方
小学生の身長を伸ばすには、朝食は栄養のバランスをしっかりと、夜は消化のいいものを食べて良質の睡眠をとりましょう
和食を食べていても身長は伸びるの?
和食は実は栄養のバランスが良く、成長期の子供には最高の食事だといえます。