小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか

小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか

 

遅い就寝時間を改善して伸び悩んでいた身長が
突然伸びたという例も多くあります。

 

 

思春期を迎えても身長が伸び悩み、声変わりもしないために
医療機関に行ってホルモン検査を受けたが、全く正常だったという子供さんがいました。

 

スポンサーリンク

 

生活のパターンを聞くと、夜中にずっと寝ずに
スマホでゲームをしているという生活を送っているとのこと。

 

 

学年は中学3年生、彼に生活のリズムの改善、
特に夜10時には絶対に眠るようにすることを指導したところ、
彼が高校1年になった頃から突然身長が伸び始め、声変わりも起こりました。

 

 

彼はなんと1年で20センチも身長が伸びました

 

 

 

また、小学4年生の子で両親が居酒屋を経営していて、
店が閉店するまでゲームなどをして
親の帰りを待つという生活を送っている子供がいました。

 

 

この子の夜ご飯はいつも深夜の11時や12時、大人でも驚く生活のパターンでした。
その後子供の身長が伸びないことを心配した親御さんは、
ファミリーサポーターを頼んで普通の時間に食事をさせ、
最低でも夜10時には眠らせる生活に変えた所、
1年で17センチも身長が伸びました。

 

 

このように生活のパターンを変えると、
身長が伸びるだけでなく肥満の予防にもなります。

 

 

身長が165センチ、体重がなんと98キロの中学生2年の子がいました。
彼の生活パターンを見ると、朝は8時過ぎまで寝るので当然朝食を食べる時間がなく、
朝食を食べることもなくあわてて登校。

 

 

彼は好き嫌いが激しく、給食はほとんど食べません。
帰宅後すぐにおやつをほおばり、空腹を満たし、
日が変わってもまだゲームをするという生活のパターン。

 

 

大人でもこんな生活をしていると病気になるパターンなので、
親御さんは思い切って生活パターンを大きく変えました。

 

スポンサーリンク

 

生活パターンを変えていく中、高校に進学しサッカーを始め
トレーニングの一環として片道40分の道のりを自転車で通うように。

 

 

サッカーを始めたことでお腹もすぐに空くようになり、そうなると嫌いなものもたべられるように。
その結果高校2年には185センチになり、体重も35キロ減り全くの別人になりました。

 

 

このような例は結構多くあり、いずれの場合も成長期に一番大事な
成長ホルモンが分泌される時間帯に、
起きていたために身長が伸びなかったという典型的な例です。

 

 

成長ホルモンは体内の代謝もあげるので、結果肥満も解消されるのです。
平均的に見ても夜型の生活パターンを改善した子供は、
およそ年に10センチくらい身長が伸びているようです。

 

関連ページ

寝る子は育つ?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。質の良い睡眠をとらないと大切な成長ホルモンが分泌されません。
小学生の身長をのばす成長ホルモンとは
小学生の身長を伸ばすには成長ホルモンが重要なポイントになります。ですのでしっかりと睡眠を取り成長ホルモンを分泌させるようにしましょう
小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?
小学生の身長を伸ばすには睡眠とご飯のどちらが大事なんでしょうか。どちらかと言えば小学生が身長を伸ばすにはまず睡眠が大切です。
小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。