小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵

小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵

 

夕方になり、日が沈みやがて暗くなると分泌が始まるホルモンがあります。
それがメラトニンという脳の松果腺から分泌されるホルモンです。

 

スポンサーリンク

 

周囲が暗くなってこのメラトニンが多く分泌されると、自然に眠りへと誘われます。
まだ、電気などがなかった時代では、人は朝になり日が登ると目覚め、
やがて夜が来て暗くなると家に戻り寝床で寝るという、
自然に逆らわない生活を送っていました。

 

 

しかし、電気があらわれ普及している現代では、夜でも真っ暗になることは無く、
これによって生き方も多様化し、真夜中になっても電気の明かりが
ついている家庭も多くなってきました。

 

 

しかし、これでは睡眠に必要なメラトニンがきちんと分泌されなくなります。
こうなると、夜中になっても眠くならない、寝たようでもじつは
睡眠の質が悪いという困ったことが起こります。

 

 

親はまだしも成長期にある子どもさんには、夜になったら照明をなるべく控え
余計な刺激を少なくし神経を落ち着かせ
リラックスしていられる状態を作ってあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

また、最近非常に深刻なのが深夜遅くまでスマホやパソコン
を使う子供が多くいることです。

 

 

この夜中に使っているスマホやパソコンの画面の光は、
それを見ている子供の脳内を狂わせます。
布団のなかでスマホをいつまでもいじっているなんてことはもってのほかです。

 

 

夜のベットの近くでナイトランプをつけっぱなしにして眠る実験をした時のデーターによると、
ベッドサイドでランプをつけたまま寝ると、眠気が来ない、寝付けない、眠りが浅い
などといった睡眠の質の低下を示すデーターがでました。

 

 

また、女性の場合はランプをつけたまま眠ると、
徐々に生理の周期に乱れが出てくることもわかっています。

 

 

これらの報告やデーターを見てもいかに成長期の子供にとって、
スマホやパソコンがどれほど悪影響を及ぼしているかがわかると思います。

 

 

成長期の子供には寝室にスマホやパソコンを持ち込ませないようにすることが大切です。

 

関連ページ

寝る子は育つ?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。質の良い睡眠をとらないと大切な成長ホルモンが分泌されません。
小学生の身長をのばす成長ホルモンとは
小学生の身長を伸ばすには成長ホルモンが重要なポイントになります。ですのでしっかりと睡眠を取り成長ホルモンを分泌させるようにしましょう
小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?
小学生の身長を伸ばすには睡眠とご飯のどちらが大事なんでしょうか。どちらかと言えば小学生が身長を伸ばすにはまず睡眠が大切です。
小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか
しっかりと睡眠をとれば本当に身長が伸びるのでしょうか。実際に生活のリズムを変えて身長が伸びたという例もあります