小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?

小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?

 

小学生が身長を伸ばすには、睡眠と食事のどちらが大事なんでしょうか。

 

 

当然どちらも大事なんですが、
あえていうなら睡眠の方が大事だと言えます。

 

スポンサーリンク

 

最近の子供は朝食を食べないという話をよく聞きます。
せっかくお母さんが朝食を用意しているのに、
全然食べないという現状がそれです。

 

 

早く起きなさいと言われながら、急かされて無理やり目を覚ます。
そんな状態ではまだ、脳も体も目覚めていませんので当然食欲はありません。

 

 

このような状態を改めるには、やはりしっかりと眠ることを心がけなければなりません。
登校時間ギリギリに起きて、なんとか用意をし、バタバタとした状態で
朝ごはんを食べなさいと言われたら、大人でも食べられるわけはありません。

 

 

普通は目覚めて15〜30分しないと食事は喉を通りにくいものですし、美味しくも感じません。
朝食を食べずに登校すれば、脳も体もエネルギー不足のままでお昼まですごさなければなりません。

 

 

このような悪いサイクルにハマると、せっかくお母さんが頑張って
おいしい朝食をつくっても全く意味がなくなります。
この悪いサイクルを断ち切るのが、しっかりと睡眠を取ることです。

 

 

とにかく早寝早起きこれにつきます

 

 

まずは朝食を食べる30分前には起きましょう。
できれば近所を散歩するのもいいでしょう。
こうすれば自然にお腹が空いてくるはずです。

 

 

お腹が空けば朝食もなおさら美味しくなります。
しっかりと食べて登校すればお昼までエネルギー不足にならず、
活発に勉強や運動が出来ます。

 

 

昼間しっかりと動けば夜になれば疲れて眠くなります。
そうすれば早く寝られますし、早く寝れば朝も早く目が覚めます。

 

スポンサーリンク

 

こうなればしめたもの、身長も伸びるし、勉強もはかどるなど
とどんどんいい方向に向かっていけるのです。
塾や習い事が夜遅くなる場合は、ファストフードなどの
消化の悪いものを食べると睡眠の質が下がります。
消化の良い物を食べるようにして、とにかく1分でも早く寝るようにしましょう。

 

 

夜中に空腹で目が覚めるほどでなければ問題はありません。
どちらかと言えばちょっとお腹が空いたなあと感じるくらいで、
目がさめるのが一番いいと思います。
そうすれば朝ごはんも美味しく食べられます。

 

 

このようにしっかりと眠るようにすると
自然にきちんと朝食を食べられるようになるのです。

 

関連ページ

寝る子は育つ?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。質の良い睡眠をとらないと大切な成長ホルモンが分泌されません。
小学生の身長をのばす成長ホルモンとは
小学生の身長を伸ばすには成長ホルモンが重要なポイントになります。ですのでしっかりと睡眠を取り成長ホルモンを分泌させるようにしましょう
小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか
しっかりと睡眠をとれば本当に身長が伸びるのでしょうか。実際に生活のリズムを変えて身長が伸びたという例もあります