小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?

小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?

 

1日16時間も眠っている新生児から、どんどんと成長し
それに連れて睡眠時間は短くなっていきます。

 

 

では実際にはどの程度眠れば、身長が伸びやすくなるのでしょうか。

 

 

小児科を目指す先生が読む教科書によると、
幼稚園や保育園児の年長さんなら10時間は必要です。

 

スポンサーリンク

 

そして小学生はと言うと、9時間は眠らないと成長に影響が出てくると書かれています。
さらに成長して中学生になると、8時間は必要であるとも書かれています。

 

 

このように書かれている子供の睡眠時間ですが、実際の現在の
小学生の平均睡眠時間は8時間程度。
成長に必要な睡眠時間には届いていないのが現状です。

 

 

本来アジア系民族は、西洋人に比べて睡眠時間は短いのですが、
最近ではさらに追い打ちをかけるように日本の子どもたちの睡眠時間は、
どんどんどんどん短くなってきています。

 

 

また、最近の親御さんは子供の夜更かしに関して
以前の親よりもうるさくなくなってきました。

 

 

子供の塾や習い事の時間、親御さんの仕事の具合などの
各家庭の事情があるとは思いますが、しかしそれでも
子供の睡眠時間の減少は社会的にも大きな問題になっています。

 

 

実際問題として小学生の睡眠時間が7〜8時間では完全に睡眠不足です。
これが原因になって朝の目覚めが悪い、学校でも眠そうにしているという問題が発生するのです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、夕方になってくると目が冴えて来て夜になっても眠くならず、
夜更かしをし、朝目が覚めないという負の連鎖に陥るのです。
睡眠不足や夜型の生活スタイルは、身長の伸びのみならず
体や心、脳の発育にも悪影響を与えます

 

夜遅くなる塾や習い事は必要最低限にし、
もし見たいテレビがあるなら録画、
睡眠時間の2時間前にはスマホやゲームはやめるなどの努力をして、
成長期の時期にはできるだけ多くの睡眠時間をとることは、
小学生の体と心の発達には欠かせません。

 

関連ページ

寝る子は育つ?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。質の良い睡眠をとらないと大切な成長ホルモンが分泌されません。
小学生の身長をのばす成長ホルモンとは
小学生の身長を伸ばすには成長ホルモンが重要なポイントになります。ですのでしっかりと睡眠を取り成長ホルモンを分泌させるようにしましょう
小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?
小学生の身長を伸ばすには睡眠とご飯のどちらが大事なんでしょうか。どちらかと言えば小学生が身長を伸ばすにはまず睡眠が大切です。
小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか
しっかりと睡眠をとれば本当に身長が伸びるのでしょうか。実際に生活のリズムを変えて身長が伸びたという例もあります