小学生の身長をのばす成長ホルモンとは

小学生の身長をのばす成長ホルモンとは

 

身長を伸ばすのに最も重要なものに成長ホルモンがあります。
育ち盛りの子供の骨は、まだ骨になりきっていない軟骨が多く存在しています。

 

 

成長ホルモンはこの成長軟骨にはたらきかけて、きちんとした骨に変化させていきます。
さらに成長ホルモンには、体内の代謝を上げて、
体の中の細胞を生まれ変わらせる働きも備えています。

 

スポンサーリンク

 

そのような働きがあるお陰で人体は、毎日新鮮な状態をキープしているのです。

 

 

つまり、成長ホルモンは子供だけでなく、大人にも非常に重要なホルモンなのです。
この大切な成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、深夜の時間帯、グッスリ眠ってる時です。

 

 

具体的には午後11時辺りから午前2時ごろと決まっています。
ですからこの人体にとって重要な成長ホルモンをしっかりと分泌させようと思ったら、
この時間帯に眠っていることが必要です。

 

 

特に身長を伸ばしたい小学生の皆さんは、午後9時には布団に入って
成長ホルモンが分泌され始める午後11時には熟睡している必要があるのです。

 

 

この時間帯にしっかりと熟睡していれば、成長ホルモンがしっかりと
分泌されるだけでなく、分泌のピークも2時間はキープ出来ます。

 

 

反対に真夜中に熟睡できないと成長ホルモンが十分に分泌されません。
月に1回程度なら問題はありませんが、このように熟睡ができない状態が
毎日のようになってくると悪影響が出てきます。

 

スポンサーリンク

 

身長の伸びを阻害するだけではなく、細胞の生まれ変わりも十分に行われません。
このような状態が続くと、臓器などの細胞も生まれ変わりにくくなり、
結果として発がん率も上昇するという研究結果もあります。

 

 

睡眠不足や夜更かしによって成長ホルモンが十分に分泌されないと、免疫力の低下だけではなく、
細胞の老化を早め、結果として寿命も縮めてしまいます。

 

 

夜更かしをすると風邪をひきやすくなるというのは、このように免疫力が低下するためです。
身長を伸ばすだけでは無く、健康な体を作るためにも、早寝早起きを心がけ
しっかりと成長ホルモンを分泌させるようにしましょう。
これは子供だけでなく大人にも言えることです。

 

関連ページ

寝る子は育つ?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。質の良い睡眠をとらないと大切な成長ホルモンが分泌されません。
小学生が身長を伸ばすにはどのくらい寝ればいいの?
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生の身長を伸ばすなら睡眠とご飯どちらが大事?
小学生の身長を伸ばすには睡眠とご飯のどちらが大事なんでしょうか。どちらかと言えば小学生が身長を伸ばすにはまず睡眠が大切です。
小学生の身長を伸ばすならスマホやパソコンは睡眠の大敵
小学生の身長を伸ばすには質の良い睡眠は絶対に不可欠です。身長を伸ばすだけでなく、成長期の子供に質の良い睡眠は欠かせません。
小学生は睡眠をとれば身長は伸びるのか
しっかりと睡眠をとれば本当に身長が伸びるのでしょうか。実際に生活のリズムを変えて身長が伸びたという例もあります