小学生の身長を伸ばすにはミネラルも

小学生の身長を伸ばすにはミネラルも

 

骨を成長させるミネラルと言えば真っ先に思い浮かぶのがカルシウムです。

 

 

このカルシウムは骨の成長には欠かせないものですが、
それ以外のミネラルも必要になります。

 

 

リンやマグネシウム、亜鉛なども骨の成長には
欠かすことの出来ないミネラルです。

 

スポンサーリンク

 

これらのミネラルは骨芽細胞が生成するコラーゲン繊維の間に入って、
柔らかいコラーゲンを硬化させ骨に変えていきます。

 

 

つまりミネラルが不足してしまうと骨芽細胞が、
骨の元になるコラーゲンをいくら作っても骨になることが出来ないのです。

 

 

現在の日本人は栄養過剰の傾向が強いのですが、
ミネラル類は思ったほど摂取していなく、むしろ不足気味です。

 

 

特に骨の成長に欠かせないカルシウムは、所要量に達していないのが現状です。
成長期の子供は、カルシウムをせめて1日に必要な摂取量を取りたいものです。

 

 

ミネラル類を多く含む食品と言って思いつくのがヒジキや昆布、海苔やわかめなどの
海藻類ですが、なかなかヒジキや昆布を好んで食べる子供は少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ですからこれらの代用品として、カルシウムやリンを多く含み、
アミノ酸などのバランスがとれている牛乳を多く飲むようにしましょう。

 

 

牛乳が嫌いな子供にはヨーグルトやチーズでもいいでしょう。

 

 

今流行りのグラノーラにヨーグルトをかけて食べると、カルシウムやリン、アミノ酸はもちろん、
ビタミンや食物繊維も取れるのでおすすめです。

 

関連ページ

食が細い子の身長を伸ばすための食生活
食が細い子供が身長を伸ばすためには、どのような食生活をおくればいいのでしょうか。また、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
背を伸ばしたい子供は
10歳未満のこどもであっても、寝る前に食べることはおすすめしません。成長ホルモンの分泌が妨げられるからです。
身長を伸ばすのに必要なタンパク質
身長を伸ばすためには骨の成長を促す、タンパク質とミネラルを積極的にとりましょう