小学生の身長を伸ばすなら是非とも知っておきたいことのまとめ

子供の身長をできる限り伸ばしてあげたいと思う親御さんは多いです。子供の身長は成長期を逃してしまうとその後伸びる時期はありません。ですから小学生の身長が伸びる時期にきちんとベストな方法でサポートしてあげたいものですね。そう願う親御さんに口コミなどで人気なのがこちらになります。

 

身長を伸ばしたい小学生に今大人気

カラダアルファ アスミール

他の子と比べて栄養が心配な親御さんにぴったりなのが10代専門サプリのカラダアルファ。牛乳の55倍のカルシウム、ほうれん草の28倍の鉄分、ニンジンの10倍のβカロテン。吸収率の良いたんぱく質も豊富なサプリです。

 

>>詳細はこちら

小川優子さんもオススメのアスミール。偏食、成長期のお子様の栄養に悩むお母さんにもピッタリ。成長ホルモンへ最適なZAPバランス!吸収力にこだわったトリプルカルシウム配合。今口コミで大人気です。

 

 

>>詳細はこちら

 

小学生の身長を伸ばす最良の方法とは

 

小学生で背が低い子は、意外とネガティブ思考になりやすいものです・・・

 

 

また、野球やバレー、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする場合などは身長が低いというデメリットがどうしても目立ってしまいます。

 

 

 

 

背が低いためによるデメリットのせいで、周囲から認められない

 

自分に自信が持てない、という風に考える子供さんも多くいます

 

 

また、親御さんにおいてはその年齢の子供の平均身長に
達していない時などは心配になるものです。
子供の身長は遺伝のみで決定されるものでは決してありません。

 

 

子供の背を伸ばすには、その子の身長が伸びやすい時期に、
しっかりと成長ホルモンを分泌させることが大きなカギになります。

 

スポンサーリンク

 

 

これらのことは一朝一夕にできるわけではなく、
日々の正しい生活習慣がポイントになります。

 

 

それではさっそく今日から親子で背を伸ばす生活を送りましょう。
正しく行えば身長は伸びます
頑張りましょう!

 

 

身長を伸ばすための絶対的な要素は?

 

 

それは適度な睡眠と豊富な栄養です。

 

 

身長を伸ばそうと思ったら、
しっかりと寝て、きちんと食べることが
絶対に必要です。
これらのことは一般的にも述べられていますが、
身長を伸ばそうと思ったらこの2つは絶対に外せません。
昔からいわれている「寝る子は育つ」というのは非常に正しいことです。

 

 

昔の人は睡眠の必要性を知っていたんです。
しっかりと眠れば、寝ている間にたっぷり成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが身長を伸ばすのには欠かすことの出来ない、
とても大切なホルモンなんです。

 

 

この成長ホルモンは軟骨に働きかけて軟骨を骨へと成長させ、
その結果身長が伸びるのです。

 

 

この成長ホルモンは睡眠中の特定の決まった時間がくると多く分泌されます。
つまりこの時間に寝ていないと成長ホルモンは分泌されないのです。
ですから睡眠はどのくらい眠るか、何時頃に眠るかで
成長ホルモンの分泌量が大きく違ってくるのです。

 

 

成長ホルモンが深夜に多く分泌されるには訳があります。
皆さんは成長期に眠っている間に、突然膝がビックとなった感じを
経験したことがありませんか?

 

 

背が伸びる時にこのような感じになりやすいといわれますが、
医学的には証明されていません。

 

 

しかし、日中より夜中のほうが体の痛みや不具合を感じやすいのは事実です。
なぜなら人体は夜中の成長ホルモンが分泌されている時に、
活発に細胞分裂が行われているからです。

 

 

そしてこの間に軟骨を骨に変えたり、
ケガや傷の修復を行っているのです。

 

 

ではなぜこれらのことが夜間に行われるのでしょうか。
これにはある有効な仮説があります。

 

 

細胞分裂は細胞の中にある遺伝子をコピーし、分裂して増えていきます。
その際遺伝子を傷つけてしまいやすいというリスクが発生します。
これらを防ぐにはできるだけ条件のいい状態で行う必要があります。

 

 

日中は太陽光に含まれる紫外線や目に見えない宇宙線などがあります。
これらが細胞に当たると細胞内に悪玉活性酸素が発生し、
遺伝子を傷つけてしまいます。

 

 

こうしたリスクを少しでも減らすために、人間は細胞分裂を夜間に行う
といった仮説ですが、かなり確信をついた説であると思います。

 

 

 

夜に細胞分裂ができるように準備しましょう

 

 

人体にある60兆個もの細胞の一つ一つが
今、朝なのか夜なのかをしっかり認識しています。
それは成長ホルモンの分泌時間が
夜間であることが証明しています。

 

 

朝起きて朝日を浴びれば体が目覚め、
夜になり暗くなると睡眠を取るようにする。
これらの一連のリズムはサーカディアンリズム(体内時計)
と呼ばれています。

 

 

このように規則正しい生活を送ることは身長を伸ばすことはもちろん、
健康に過ごすためにもとても大切です。
つまり生活習慣の乱れは、身長が伸びないだけでなく、
不健康になり病気になりやすくなります。

 

 

 

つまり、身長を伸ばしたいのであれば、早寝早起きをしましょう。
そして深夜に細胞分裂を行える環境を作りましょう。
最近ではゲームやスマホなどで寝る時間が遅くなったりする
小学生も多いようですが、これでは十分に細胞分裂ができません。

 

スポンサーリンク

 

 

しっかりと栄養をとりましょう

 

 

睡眠の次に大切なのがしっかりと食べることです。
最近では小学生からダイエットを行うこともあるようですが、
これらの行為は成長を阻害するだけでなく、
身長も伸びにくくなります。

 

 

また、スポーツをしている子は練習によっても
栄養不足になる場合もあるので、しっかりと食べましょう。

 

 

しっかりと食べて取り入れた栄養は成長ホルモンのサポートをしっかりと行います。
成長ホルモンが細胞に命令を行い、人体にあるそれぞれの細胞が
これらの栄養を材料にして使用するのです。

 

 

せっかく取り入れた栄養を活動状態にするためには、
体内の細胞が元気である必要があります。
そのためには規則正しい生活を送ることが、非常に大切です。

 

 

朝起きたら、しっかりと朝ごはんを食べて
体に朝がきたことをきちんと伝えることによって、
体内の細胞の時計が正確に働きます。

 

 

これによってサーカディアンリズムがしっかりと出来ます。
つまり、規則正しい生活ときちんとした食事が成長ホルモンの分泌を促進するのです。

 

 

これが身長をのばす大切なことなのです

 

 

まとめると

 

 

しっかりした睡眠と食事⇒成長ホルモンが分泌される⇒細胞分裂が活発になる⇒身長が伸びる

 

 

身長を伸ばしたいならこのことをいつも頭に置いておきましょう。

 

 

ただし、最近は食材自体が昔ほど栄養がないといわれています。

 

野菜に関しても、ハウス栽培や水耕栽培ではどうしても栄養が作られにくいようです。

 

ですので野菜はできるだけ旬の物を食べるようにしましょう。

 

また、身長を伸ばすサプリを上手に組み入れるのが理想だと思います。

 

身長が伸びる時期は決まっていますので、後悔のないようにしたいものです。